CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

YUKI LIFE

私の好きなもの・・・(岡崎市・幸設計建築)
<< イギリス (Chippenham) | main | 岡崎市 大西町 パピーミュージックスクール グランドオープン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
岡崎市 大法紡績(事務所)
少し前に完成した物件のご紹介です。

mado cafeさんの大ファンである施主様から問い合わせがありご自宅の玄関ドアのリフォームをさせていただいてからご縁が続いています。

今回は経営していらっしゃる紡績会社の事務所のリフォームをご用命いただきました。

 今までは事務スペースのみの空間で打ち合わせスペースがありませんでした。
 有名な冷え取り靴下をはじめ冷え取りグッズを製造販売していらっしゃることから打ち合わせのスペースと社長様の趣味の読書スペースを兼ねた空間がほしいとのことでした。
  
老舗の紡績会社にふさわしい  工場的な・・和のレトロを感じさせる空間となるよう計画しました。




外観はトタン部分を黒で再塗装。
増設部分はこだわりの左官壁で仕上げました。









室内は玄関ドアを挟んでシンメトリーにディスプレイスペースを作りました。
土間のような仕上がりの床でシンプルな空間としています。







玄関ドアは古材を使用しています。
社名の入ったガラスは古いドアから外して再利用しています。












向かって右側のディスプレイ。
社長様が子供のころに使用していた古机を置いています。
机の上には郵便受けとして社長様愛用の古いトランクをおいています。空間にぴったりで素敵です。









左側のディスプレイ。
本棚が続いた先にトルソーを置く予定です。
商品のストールが外からも見えるようにショーウインドーのイメージでつくりました。











照明器具はチェコのアンティーク。インダストリアルな雰囲気の空間となるようにしました。
社長様の蔵書もすべてすっきり収まってライブラリーのようです。







壁の照明はジェルデのアンティーク。
机はヘルベントでオーダーしました。
本棚の背板は自社工場で編んだ生地を使用しています。









工場の一角のような・・・どこか懐かしい感じのする空間は施主様に大満足いただけました。
もともと使用していた材料を丁寧に外して再利用するという職人さんたちのひと手間のおかげです。

月日と共にますます味わい深いものとなってゆくことと思います。

| 完成建物(店舗) | 16:10 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 16:10 | - | - |