CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

YUKI LIFE

私の好きなもの・・・(岡崎市・幸設計建築)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
うなぎ
先日新築中のS様に大工さんたちも一緒にうなぎを食べに連れて行っていただきました。 

実は私は うなぎ がとても苦手で人生の中でうなぎやさんに食べに行ったことは過去に1・2度しかなく、その理由も建物が素敵で中が見てみたい・・・という建築的要求から行ったくらいです。
その苦手度はたとえば会社の旅行で浜名湖にいって全員うなぎやさんに入っても私はとなりのお店でうどんを食べた・・・・というくらい。
なぜ苦手かというとまず 皮 。
過去に経験したうなぎは身と皮が分離してしまい一体感がなく皮が喉を通らない感じがしました。
そして 身 は油っぽい感じがして、タレまで油が移っているようで、私にとってうなぎはすべての苦手な要素のつまった料理というイメージでした。
そのお話を充分承知の上で連れて行っていただいたのです。

連れて行っていただいたお店は 安城市のかねぶんさん。
S様のご親戚です。

私はびっくりしました。
うなぎ好きのみなさんには当たり前かも知れませんが、頭から骨まですべて食べられる料理であることや料理のバリエーションの多さに。
うなぎの骨のから揚げから始まって、頭のから揚げ、鰻巻、さんしょ煮、うざく、肝焼き、そしてどんぶり、吸い物にいたるまで。
感激したのは頭のから揚げ。
なんだかグロテスクですが、パリパリしていてとてもおいしく、おつまみに最高です。
その他の料理も全くうなぎの油っぽさや皮のしめった感覚がなく、苦手だったはずの私が一番喜んで食べていたようにおもいます。
中でも一番苦手料理である どんぶりのうなぎも皮がパリパリで全く油っぽくなく、はじめておいしいとおもって食べることができました。
みなさんがおいしいと言う理由がうなぎ通ではない私でもわかりました。

たかが うなぎ、されど うなぎ。
うなぎはさばいて焼いて・・・とてもシンプルな料理ですが、だからこそおいしくすることは難しく、ごまかせない料理なのですね。
これからも かねぶんさんのうなぎだけは食べられそうです。
うなぎが苦手な方もぜひ一度いってみてください!
きっと初体験ができますよ!

 













おなかが一杯で持ち帰らせていただいた料理を家でもおいしくいただきました。
お酒と相性ぴったりです。
本当にご馳走様でした。人生初のうなぎ体験でした!




2009.6.23 
かねぶん 新安城店    http://r.tabelog.com/aichi/A2305/A230503/23000198/ 

JUGEMテーマ:グルメ
| 飲みもの・食べ物 | 13:58 | comments(2) | - |
おいしい"ほおずき"
食べられる"ほおずき"をみなさん知っていますか?

いろいろな楽しみと驚きをいただいて毎回の打ち合わせが楽しみなS様は岡崎の中でも周りを山に囲まれた自然豊かな土地に住んでいらっしゃいます。
打ち合わせの後は自家製のお米や野菜を使った季節感のあるおいしい食事を必ずごちそうになり、山の食材の大好きな私はいつも感激して帰ってきます。
そのS様が先日食事の後に食べられるほおずきを冷たく冷やして出してくださいました。

はじめて見たほおずきはいつも馴染みのあるほおずきよりもかなり小粒でグリーンや黄色をしています。
ほおずきが食べられること自体びっくりですが、その味のおいしいこと!
フルーツトマトのようなみかんの甘いもののような・・・
なんともいえない自然で素朴な味わいで感激していると貴重なほおずきをお土産にたくさんいただいてしまいました。

昨日山野草のおけいこの日でみんなが集まったので食べてもらうと全員が見たこともなく、食べたこともなく、その味わいをとてもよろこんでいました。
お稽古の後はほおずきの話でもちきりでした。
花や野菜を上手にベランダで育てているTちゃんはほおずき栽培に意欲満々。
他のみんなとも、こんなにおいしくおしゃれなものはぜひみんなに教えてあげたいね・・と、たわいもない将来の架空ほおずき販売ビジネス話で盛り上がりいつも以上にとてもたのしいひとときの話題のタネとなりました。

ぜひみんなで一度S様のところでほおずきを見せていただこう!と盛り上がっています。

S様はその他実に多才な方で、田んぼに穴をあけて1昼夜休まず火の管理をして作る炭づくりの名人でもあり、炭焚きのお風呂や自作の炭の掘りごたつをこだわって使っていたり、大工道具を使いこなしてお手製の家具をつくってしまったり・・何事もめんどくさがらずに山の生活を楽しんでいらっしゃる感じがとても素敵です。

これからも毎回の驚きと発見がありそうでますます打ち合わせが楽しみです!
今後ともいろいろなことを教えてください。
よろしくおねがいします!





















2008.10

食用ほおずき  http://heboen.hp.infoseek.co.jp/yasai/s_hoozu.html 









| 飲みもの・食べ物 | 11:12 | comments(0) | - |
紅茶
今年完成したO様の家にお呼ばれしておいしい食事と楽しい時間をいただきました。
一緒に中国につれていっていただいたとき食べた火鍋を用意してくれていて、いつもながらの料理上手な食事に感激しました。
でも一番感激したのは、とっても素敵に生活していただいていることでした。
陶芸がプロ並の腕前のお母さんのセンスで選ばれた素敵な器があったり、若夫婦のアジアンな空間にぴったりの大きめな観葉植物や植物のモチーフのラグが敷かれていたりと生活を楽しんでいただいていることがとてもうれしかったです。

今日のブログのネタは紅茶。
この紅茶を最初にいただいたのもO様の家でプランの打ち合わせをしているころのことです。
はじめて飲んだ紅茶の初めて味わう香りや味。
こんなにおいしい紅茶をいただいたのは初めてでした。
詳しくお聞きすると中国で買ってきたものだそうです。
あまりに感動してわざわざ買いに行きたくなるほどにお気に入りになってしまったところ先回中国に一緒に連れて行っていただけることになって、もちろんたくさん買ってきました。
そんな紅茶もそろそろなくなってしまってさみしい思いをしているところに今回おみやけでいただいてしまいました。
本当にありがとうございました。
しばらくまた幸せな日々が続きます!!!







上海のそごうのお茶専門店で売っているブランドです。ルイボスティーベースでアンニンの香りと風味の紅茶。飲む前から香りだけでも幸せな気分でいっぱいになります。毎回缶のデザインがバラバラなのはさすが中国??






アンニン紅茶と同じくルイボスティーベースのアイスエイジという紅茶。レモングラスやミント・ベニバナ・オレンジなどがブレンドされています。名前の通りすっきりとした素敵な香りと独特の風味が特徴です。







どちらも私が世界で一番か二番か甲乙つけがたいおいしい紅茶です。
癖のある独特の味と香りは一度味わったら忘れることができません。
日本でも販売してくれるといいのですが・・・・。
こんなおいしい紅茶を教えてくださったO様に感謝です。





2007.11

O邸 http://cxx06752.jugem.jp/?eid=69 

中国 http://cxx06752.jugem.jp/?eid=49 

| 飲みもの・食べ物 | 10:36 | comments(0) | - |
ある島の会席料理
先日友人のNさんとHさんがある島の会席料理を予約してごちそうしてくれました。
そこは愛知県内にあり、船に乗って20分で着く島です。
島に一歩足を踏み入れるとそこは、こんなに近くにこんな素朴で古き良き雰囲気が残っているところがあったんだなぁという感じのするところでした。
船の乗り場まで奥様がお迎えに来てくれていて、歩いてお店に向かいます。
途中地元の方から獲れたての新鮮な魚介類を仕入れて、それらの食材を創作した食事がいただけました。
その他の野菜もなにもかも全てが自家製で1日1組限定のそのお店は、建物の雰囲気といい、食事といい、ひとつも非のないお店です。
家からたった1時間少々でこんなに素敵なところがあるのなら、遠くのリゾートまで出かける必要はないなぁとしみじみ思いました。







お店から見える海。
特別気合を入れてつくられているわけではなく、あくまで自然に素朴に作られた庭越しに見える海は料理の一部です。時間を忘れてしまう居心地のよさです。








料理は全て手の込んだ創作料理です。器も全て作家さんのもので、1品目から食べたことのないおいしさと美しさ。何度行っても同じに料理になることはないそうです。感動的なおもてなしです。








更にすばらしい演出は最後に出される一服のお茶。
最初にお店に入ったとき"このドアはあけないでください"と言われたのでプライベートな部屋だと思っていたのが実は茶室でした。
床板は船の解体材。味わいと雰囲気のあるとても心地よい暗さのある茶室は最上級の非日常空間でした。
お茶とお菓子の味も格別です。









帰りは反対側の船乗り場まで歩いて島をゆっくり散策しました。島の中は道も曲がりくねっていたり、建物も昔ながらの民家が続き大好きな家並みです。道端に咲く水仙もとてもきれいでした。






一度行っただけなのに、最高に幸せな気分が味わえ、しっかり疲れを癒されてきました。
あまりに良かったのでさっそく帰りに次回の予約をしました。
贅沢を言えば月に一度は訪れたいところです。
こんな素敵なところにつれていってくれたNさんとHさんに感謝してます!
ありがとう。







2007.2 

| 飲みもの・食べ物 | 17:18 | comments(2) | trackbacks(0) |
ほっと 一息



先日プラン中のIさんからおいしいコーヒーが届きました。
Iさんはご指名の大工さんを1年以上待ってくれているとても頭の下がるお施主さまです。(本当にごめんなさい)
去年の私の誕生日にはELLA and LOUISのステキなジャズのCDを。今年はとってもおいしい かりんとうを送ってくださいました。
今の私の密かな楽しみの1つは、送っていただいたコーヒーを手引きのミルで挽いて入れた最高においしいコーヒーとジャズを聴きながらのくつろぎのひとときです。
贈ってくださる暖かい気持ちの幸せをかみしめて、今日も仕事がんばっています!!



2006.4  


| 飲みもの・食べ物 | 15:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |