CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

YUKI LIFE

私の好きなもの・・・(岡崎市・幸設計建築)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
イギリス (庭)
引き続きイギリスの素敵な庭のご紹介です。

今回の旅の目的でもあるチェルシーフラワーショー。
それに合わせて各地でオープンガーデンをしているそうです。
宿泊しなければ見られない庭や欧州建材さんの取引先さんの庭・有名な庭などなど素敵な庭をたくさん案内していただきました。 





最初に案内していただいたHaddonstoneさんの庭。
今回の旅でプロが作った庭の中で私が一番感激した庭です。
シンメトリーの庭は正面に必ずフォーカルポイントがあります。









小道の様に造られた動線。
道行く先のオブジェ・下草の自然な感じ・・計算されつくしているのに自然のままに見せている素晴らしい空間です。











専属ガーデナーさん。
グリーンで統一された服装はとてもおしゃれでした。
さすがイギリスです。












続いてHidcort Manor Gardenへ。
イングリッシュガーデンの定番中の定番。
とても有名な庭だそうです。
広大な庭は手入れが行き届いています。







おもしろい仕立ての植栽です。
ピロティー形式の建築のような・・・不思議な軽やかさがあります。












建物のように仕立てられた植栽です。
アプローチ階段を登りくぐることができます。
くぐった正面には本当の建築がある遊び心満載の仕立てです。










続いてKiftsgate Court Gardensへ。
ヒドコートより少しコンパクトな庭です。
植栽の端の隠れた場所にくり抜かれたのぞき穴からみる庭はとても楽しく美しいものでした。










次の日訪れたバーンズリー・ハウス。宿泊しなくては見られない庭もオープンガーデンでは見ることができます。
美味しい紅茶をいたたぎながら有名な造園家ローズマリー・ヴェリーさんの歴史ある庭園を満喫しました。






イギリスに行くまではイングリッシュガーデンは花が中心で華やか・・・ともすると派手な庭だと思っていました。

しかし現実に体験すると花も植栽も 色・明・彩 を計算しつくしたすばらしい調和のある庭だということがわかりました。
そして人工的につくった庭をいかに自然に見せるか・・ということをとても大切にしていることも。

イギリスの風土・文化・歴史を踏まえた奥の深い庭・・・それがイングリッシュガーデンなんだと実感しました。



2014.5月 旅行


JUGEMテーマ:旅行
| 研修 | 22:12 | comments(0) | - |
イギリス (蚤の市・茅葺見学)
欧州建材さん企画のイギリスツアーに行ってきました。

蚤の市や採石場見学・チェルシーフラワーショー・オープンガーデン見学などなど・・・
普通の旅では行くことのない実利のあるすばらしい経験となりました。 





到着した次の日さっそく蚤の市へ。
スゥインダービーアンティークフェアです。
とても大きなイベントで駐車場に入るのも入場制限がありました。







トラックを借りて庭師の皆様は買い物三昧。
欧州建材さんのご厚意で石と混載してもらえるとのことで心置きなく買い物しました。












その後同行者Kさんの知人を頼りに茅葺の家を見学させていただきました。
築400年以上という味わい深い建物です。
家の庭でいただいたミルクティーの味は忘れられないほどに美味しかったです。










軒先の低い素敵な外観は室内もかなり低い天井高です。
身長の高い人は頭を天井にぶつけるほど低いところもあります。
美しさの裏には秘密が隠されているものです。










茅葺の現場へ。景観を守るため使用する材料までもオリジナル通りに。忠実にリフォームしなければならない厳しい決まりがあるそうです。









室内は素敵な出窓がありました。
薄明るい空間はくつろぎ感たっぷりです。
天井高は1.9メーターのところもあるほど低く抑えられています。











街を案内していただきました。
茅葺屋根もたくさん残っていて屋根を見れば誰が葺いたのか一目でわかるそうです。
まさに職人の世界です。








街で一番古い建物。
築600年だそうです。
民家がそんなに長期にわたって住み継がれていることに感激しました。
かなり傾いていますがイギリスの人は気にしないそうです。
日本ではありえないですね!








ツアー最初から通常の旅とは違った充実した一日でした。
夜のパブでのおいしいビールとフィッシュ&チップスはとてもおいしかったです。

ディープなイギリスの旅・・・・
まだまだ続きます。



2014.5月 旅行


JUGEMテーマ:旅行
| 研修 | 00:31 | comments(0) | - |
INAXライブミュージアム
INAXライブミュージアムのご紹介です。

近くても遠いところ?でなかなか行けなかったINAXライブミュージアムに行ってきました。
想像以上に楽しいところでゆっくり、しっかり楽しんできました。





窯のある広場・資料館。
建物内部には大きな窯や昔の便器などが素敵に展示されています。










世界のタイル博物館。
いろいろな年代と国のタイルが展示されています。
昔の素朴で手間暇かかったタイルや焼き物の良さについ見入ってしまいました。










土・どろんこ館。
日本を代表する左官職人 久住さんの手による版築の外壁は質感・重厚感がすばらしく圧倒的です。











ライブミュージアムのある常滑は町としてもとても素敵なところです。
やきもの散歩道を歩いて周って古き良き雰囲気を味わったり、古民家を改修したカフェやレストランなどでおいしいものを食べたりと一日たっぷり楽しめます。

気軽に行ける小旅行のついでに立ち寄るのにライブミュージアムはとてもおすすめなところです。



2012.7

INAXライブミュージアム http://www1.lixil.co.jp/ilm/

JUGEMテーマ:旅行
| 研修 | 12:21 | comments(0) | - |
設計道場 in 鹿児島
秋山設計道場で鹿児島に行って来ました。

いつものごとく1泊のスケジュールでとても充実した中身の大変濃い2日間となりました。
おじゃましたのは日本一の工務店さんとも言われるシンケンさんです。
数を日本一やっているとか規模が日本一大きいというようなことではなくすばらしい建物を年間何十棟とつくっている工務店さんたちのあこがれの会社なのです。
私も大昔から大ファンで休日にわざわざ見に行ったことがあるほどです。

そんな大人気のシンケンさんツアーということで今回の企画は60人ほどの多人数で行われました。
迫社長自らご案内いただきとても勉強になりました。




最初に見せていただいたのはシンケンさんの家具工房。
今回の課題はこの工房の新規建築計画です。
どういった動線でどのようなものをつくっているかなど見学させていただきました。
造られている家具はシンケンさんの家にとてもお似合いのシンプルで素敵な家具でした。







2軒目に見せていただいたのは社員さんの家です。
お隣もシンケンさんが建てられた住宅で素敵な町並みとなっています。
ビルトインの車庫空間の上に特徴的な開口部が設けられていてなんとも心地よさそうな雰囲気が一目見て伝わってきます。
内部はスキップフロアとなっており建物全体が1つの立体空間のようなつながりがあります。
すばらしく居心地の良い建物でした。




3軒目は社員の設計士さんが設計された住宅を見せていただきました。
設計する人や施主様の考え方によって少しずつ違いがあり大変勉強になりました。
大変ゆとりのある水周りなどお施主様のこだわりが詰まった建物でした。








4軒目は以前のシンケンさんの本に掲載されていた住宅で実物がみられてとても感激です。海沿いに建っていてなんともリゾート的でうらやましい環境です。
ご主人はサーフィンが趣味で家の中から波の様子をうかがいつつサーフィンを楽しんでおられるようです。




内部空間でとても素敵だった寝室。
トップライトからやさしい光の入り込むすばらしい空間です。
海外のホテルのような・・・大変心地のよさそうな空間です。






2日目におじゃましたデパートの中のモデルハウス。
コスモさんもつくっているモイスの家の1階部分のモデルです。
デパートの中にいることを忘れてしまうような空間でした。
課題はこのフロアのカフェのテーブルでプランニングしました。
こういう雰囲気の中で考えられるのもいいものです。




書斎のモデルルーム。
程よい大きさの空間でご主人の誰もがうらやましがられることでしょう。
窓の位置・大きさや明るさなど絶妙な関係がさすがシンケンさんの建物です。





どの物件を見ても1軒として同じものが無くそれなのにすべてがハイクオリティーでオリジナリティーがあり仕事の質の高さに感心するばかりです。
それはシンケンさんにかかわる社員さん・職人さんすべての質の高さから来るものです。
社員さんたちとお話していて自社に誇りとプライドを全員が持っていることが本当によくわかります。
すばらしい組織力ならではの建物です。
見せていただいたからといって簡単に真似のできるものではありません。

日本の鹿児島にシンケンさんあり。

これからも日本の工務店さんの手本であり続けることでしょう。
今後の道場でさらに進化しつづけるシンケンさんの建物を見させていただく機会があればうれしいです。
ぜひまたよろしくおねがいいたします。

シンケンさん・お施主様始めコスモホームさん大変お世話になりありがとうございました。

2012.2

シンケン http://www.sinkenstyle.co.jp/

| 研修 | 01:26 | comments(12) | - |
DOJO 6 終了
先日秋山設計道場の第6クールが終了しました。

今回のクールもとても充実していていました。
思えば8月に北海道の小松建設さんにおじゃまして西日に対する考え方の違いや気密断熱の方法に納得し続く9月にはツキデ工務店さんの案内で京都の住宅や法隆寺の庫裏の現場を案内していただき京都ならではの和の空間に感心したり11月にはシンケンさんと並ぶ山梨のすごい工務店さん小澤建築工房さんにて先生が以前設計された住宅の月日を過ぎた建物のたたずまいの美しさに感激したり・・・・と盛りだくさんの内容でした。

各地に訪問しての道場は敷地にその土地ならではの特徴があり施主様のこだわりの要望があったりして苦戦の日々でした。

先生の指摘されることはいつも本質をついていて改めて設計の奥深さを感じずにはいられないことばかりです。
次回はさらに設計術を鍛えるべく先生の本質に迫っていけるようにがんばります。



  

   

















今回の終了証はカラーになりました。
モノクロも素敵でしたがカラーもいいですね。
商品も初めてGETしました。
LED照明付きのルーペです。シンプルなデザインとカラーが素敵です。暗いところでしっかり役立ちそうな代物です。
先生の教えどおり車の中に常備しています。
来期もいただけるようにがんばります!

   

"秋山先生 " http://bevstandard.landship.sub.jp/

2011.12 




| 研修 | 09:56 | comments(0) | - |
秋山設計道場in長野の北沢建築さん
長野県の設計道場の2日目です。
朝から北沢建築さんのモデルハウスにて課題にとりくみました。

モデルハウスは秋山先生とともにOMソーラーにかかわりの深い三澤文子さんの設計です。
隣接している倉庫は2011年3月号の新建築に特集された建物で構造設計は東大准教授・稲山正弘さんによるものです。

 


手前の平屋と奥の2階建てが斜めに緩やかにつながっている外観が特徴的です。
掃きだしの木製サッシと木製格子網戸が明るく開放的な室内空間をつくりだしています。






低い天井が落ち着きある空間をつくっています。
浴室部分と洗面トイレがワンルームで構成されていて広がり感があります。
スライド式の鏡はカーテン代わりにもなる優れものです。
無節のすっきりとした板の木の香りがとてもよい雰囲気です。







平面・立面の要所にとりいれられた斜めの空間はとても楽しい雰囲気です。
階段を上りきったホールは平屋部分の緩やかな屋根が窓越しに眺められて斜めに取り付けられたサッシから見た景色は船の内部から外を眺めているような・・不思議な感覚があります。






これだけの規模の建物は通常大断面集成材でつくられますがこの建物は大工さんの手刻みで最大120×360という通常流通している無垢の杉材を特殊な金物を使わずにスパン18Mの大空間を在来工法でつくられた特別なものです。ガウディーを思わせるとても楽しい魅せられる構造です。





離れには茶室的な和室があります。やさしい色使いの上品な外観です。すっきりとした軒先とどっしりとしたデッキの対比が独特の雰囲気をつくっています。







室内はサッシ周りの枠が見えない納まりで小屋組の構造と板の天井が際立っています。
雑木の中のやさしい光と程よく低い天井ですっきりとした空間はとても居心地の良いくつろぎの空間となっています。





著名な建築家の建物はさすが一味ちがうものです。

その設計を読み取りすばらしい建物に完成させてしまう工務店さんの技術力の高さに感激しました。
道場で各地に行って物件を見せていただくたびに建築の楽しさや奥深さを体感しています。

今回もすばらしい建物を見せていただきとても刺激を受けました。
ご案内いただきました北沢建築さん・企画していただくコスモホームさんに大変御世話になりありがとうございました。

次回の道場もとても楽しみです!
楽しい企画よろしくおねがいいします。


2011.4


http://www.kita-ken.co.jp/             北沢建築
http://mok-msd.com/          三澤文子さん
http://landship.sub.jp/stocktaking/   秋山先生
 
| 研修 | 22:03 | comments(2) | - |
秋山設計道場in長野
長野県に行ってきました。

今月の秋山設計道場は長野県で行われました。
北海道から香川県までいろいろなところから集まった皆さんと朝早く名古屋駅に集合して行われた勉強会はとても濃い内容でした。


 

OMソーラーの生みの親奥村先生の事務所として使われていた板倉の家を見学しました。この地方独特の古い建物を移築して増築された建物はからくり屋敷のように楽しい仕掛けが満載です。となりには家具工房とOMソーラーの仕組みを利用した倉庫も建っています。




くつろぎのスペースはベンチの高さからの窓が絶妙な心地よい空間です。上階への空気の流れを調整するための階段扉や作りつけの照明器具の上の床扉など数々の工夫がされています。2階の最小限の空間の中に5人分のベットと収納が造りつけられていて実用的な配慮もすばらしいものでした。



木曽アルテックさんを訪問しました。本社ショールームの建物は秋山先生の作品です。月日を経た本物ならではの味がでているすっきりとした建物でした。ショールームには木曽にこだわった商品の数々が展示されており漆の壁紙や木製品など一度ぜひ使ってみたいものがたくさんあります。




完成間近なショールームも案内していただきました。国の重要伝統的建造物群保存地区に指定された町の中にある建物は町並みにしっくりなじむダイナミックな外観です。古き良き雰囲気は残しつつも樋やメータ類を隠す配慮などとてもこだわりを感じます。




玄関横の和室は漆の床板に漆の木の板を張った天井が素敵な空間です。全体の床は麻の上に漆を塗ったものが使われています。耐水性のある漆だからこそ可能な床材です。和紙の壁紙や厚い無垢板などなど本物の自然素材が惜しげもなく使用されているとても贅沢な空間です。




障子のデザインがとても素敵な和室です。窓の高さや天井の心地よい高さが絶妙です。浴室などの水周りもとても天井が低いのですが昔懐かしい日本の家の美しいプロポーションと独特のつくろぎ感があり何でも高くしてしまう現代の日本の家の天井高について改めて思いなおさせられます。





最後に秋山先生設計の飛雲荘を見学しました。今回のテーマである片流れの屋根の外観が見所です。先生いわく"俺の片流れを見よ"との楽しい説明付ですがさすがに美しいプロポーションです。この美しさに惹かれて周りはやたらと似て非なる片流れの家ばかりが目に付く片流れ銀座でした(笑)



奥村先生の木曽御岳の板倉の家も秋山先生の飛雲荘も建築的なしかけと工夫がいっぱいの建物でした。
どちらもコンパクトな建物ながら狭さを感じさせない心地よさと生活感ある空間の美しさにあふれています。

木曽アルテックさんは本物の資材のみを扱っていらっしゃるだけあるこだわりの会社でした。
古い町並みの中のショールームの完成がぜひ見てみたいものです。

とても内容の濃い建物をみせていただき大満足の一日目でした。


2011.4 

http://www.quiet.co.jp/architecture/index.html  木曽三岳奥村設計所
http://www.bionet.jp/2009/07/okumuraarchive01/ 木曽谷の民家
http://www.kiso-artech.co.jp/MAIN/artech.html   木曽アルテック社
http://landship.sub.jp/stocktaking/         秋山先生

  

| 研修 | 23:09 | comments(0) | - |
讃岐 四方山
先回に引き続き讃岐のいろいろなお話です。
菅組さんに大変お世話になり建築・グルメといろいろ堪能させていただきました。


 

丸亀駅前にひときわ迫力のある素敵な美術館があります。谷口吉生さん設計の猪熊弦一郎現代美術館です。
こののどかな町に谷口さんの建築があるとは・・・すばらしいですね。ぜひ中を見学したかったのですが残念なことに展示入れ替え中で休館でした・・・。しかし猪熊さんの壁画だけでも充分すばらしさが伝わってきます。




菅組社長さんの案内で"ベーハ-小屋"を見学しました。
ベーハ小屋とはその昔煙草の葉を乾燥するための小屋だったそうです。越屋根が特徴的で土壁の外壁や小窓など素朴な美しさが最大の魅力です。この建物は直列に並んでいて屋根がそれぞれで2つあることから直列夫婦窯2ベースと名づけられています。




横並びに建物が配置されているので並列夫婦窯と名づけられています。社長さんも並列がお好きだといっていましたが私も並列が好きです。この素朴なプロポーションがぽつんとたっている風景はなんともいえない美しさです。計算されてつくられた訳ではないのでしょうが"用の美"という言葉がぴったりだとおもいます。




JRの黒川という駅だそうです。ベーハ小屋を見下ろす高台にあります。JRのポスターや寅さんの映画にも登場したというとても味わい深い駅です。のんびり鉄道の旅がしたくなる・・・そんな雰囲気がただよっていました。






朝7時にホテルを出発してまで食べた上杉食品さんのうどん。なんと朝6時から8時の2時間しか営業していないそうです。
日用品の販売を兼ねた店内で食べる雰囲気がなんともレトロでたまらない魅力です。
メニューはなんと かけ と しょうゆの2品のみ。あとは1玉か2玉か3玉か・・・。
たかがうどん。されどうどん。本場の讃岐うどんのおいしさに本当に感激しました!
早起きしてでも食べるべし!こんなにおいしいうどんは食べたことがありませんでした。




お昼も当然うどんです!かなくま餅さんというお餅屋さんですがうどんもおいしいそうです。"白味噌雑煮塩餡餅入うどん"と"釜玉うどん"をいただきました。白みその雑煮は私にはなじみがないものですが更に塩あんのお餅がはいっているのにびっくりです!これらの相性がいいことにさらに驚きです。とてもおいしかったです。



日本の町にはまだまだすばらしいところがあるものです。
設計道場でいろいろなところに行くたびにそう感じます。

讃岐のうどんは想像以上に安くておいしいものでした。
讃岐のベーハ小屋の素朴な美しさに感激しました。

まだまだ建築も素晴らしいものがたくさんある香川県。
もっとゆっくり時間をかけて周りたいものです。


2011.2 

http://www.suga-ac.co.jp/      (株)菅組
http://www.cosmohome-co.com/   コスモホーム(株)
 

| 研修 | 17:45 | comments(0) | - |
秋山設計道場 in香川の菅組さん
先日コスモホームさん主催で建築家秋山先生の設計道場第5クールの2回目で香川県の菅組さんにおじゃましました。

美しい島並みを眺めながら瀬戸大橋を渡りのどかな山の風景の中を通りながら菅組さんの物件や課題の土地を見て回りました。


 

菅組の設計社員さんの自宅です。
最初にみせていただいた物件からいきなり"黄金比"の話や"フィボナッチ数"を取り入れた設計だというお話で秋山先生もただならぬ菅組さんの社員層の厚さに感心してみえました。
建物に物語があるのなんて・・・素敵なことですね。




屋根の上には帆立瓦がのっています。"讃岐金毘羅参りの街道には家内安全を祈って屋根の鬼瓦の上に北前船を模した帆立瓦を立てる風習があり江戸期から続いている"そうです。すっかり数は減っているようでこの家の瓦は前の家のものを焼き直しして使っているそうです。
うらやましいほどシンプルで美しい瓦でした。




屋根の下にはやはりフィボナッチを取り入れた屋根を支える構造があります。
木の枝の配置のような自然界を感じさせる力強いけどやさしい雰囲気の空間になっていました。
施主であり設計者のYさんの人柄が表れているように感じました。




課題の土地はとても広い敷地で目の前は海のみというすばらしいオーシャンビューです。
毎日サンセットを楽しみたい・・・こんな土地で暮らすことができる施主様が本当にうらやましい限りです。
みなさんイメージがいろいろと膨らんでいるようです。




菅組さんの古木里庫という古材を扱ったお店の中でいよいよ道場本番です。
約30人で一斉にプランニングを開始して最後に発表し秋山先生に講評していただきます。
毎度毎度先生の愛のこもった厳しいアドバイスはとても勉強になります。
みなさん真剣勝負です。






最後に菅組さんからお土産までいただきました。
社長さんが愛してやまない"ベーハ小屋"の写真集と"ベーハ君"という名のステンレス製のストラップ??
ベーハ小屋とはその昔煙草の葉の乾燥庫だった建物のことだそうです。
名付け親の秋山先生と社長さんのベーハ小屋を語る時のうれしそうな顔がとても素敵でした。
好きなものに情熱をいつまでも深く持ち続けられることはとてもな幸せなことですね。社長さんと先生の若さの秘訣がよくわかりました。



毎回設計道場の遠足はとても勉強になります。
住宅・店舗からお寺・庁舎までオールマイティーに手広く建設業を営んでいらっしゃる大規模組織の菅組さんの物件は地域性と自社の豊富な経験とスタッフさんの個性がうまく融合されたインパクトのある建物でした。
過去に連れていっていただいたどの地域でも共通していますが地域性を生かすということこそ最大の魅力だと思います。
道場に参加される工務店さんはそのことをとても良く理解している方ばかりです。
もっともっと設計の腕をみががなくては・・・といつもいつも刺激をうけて帰ってきます。

菅組さんの素晴らしい社員の皆様に至れり尽くせりお世話になり本当にありがとうございました。
企画していただくコスモホームさんもいつもすばらしい企画ありがとうございます。
次回の遠足も楽しみにしています。
よろしくおねがいいたします。


2011.2 

http://www.suga-ac.co.jp/      (株)菅組
http://www.cosmohome-co.com/   コスモホーム(株)
 

| 研修 | 08:54 | comments(0) | - |
秋山設計道場 終了
昨日半年間カリキュラムの秋山設計道場が終了しました。

コスモホームさんが主催で今回第4クールとなった建築家秋山先生が講師というとても意義のある設計道場も全6回を終了して無事に終了証をいただきました。

振り返れば滋賀県の平野住建さん・島根のリンケンさん・宇都宮の吉田工務店さんに出かけて刺激をたくさん受けさせていただきました。
道場生はみなさん建築にまじめに取り組んでいる工務店さんたちぱかりでたくさんの方々とつながりができたことも大きな財産のひとつです。
そして何より秋山先生のするどく楽しい指摘はわたしにとって貴重な経験でした。

これからもますます続くであろう設計道場。
ぜひ建築関係の方に受講をおすすめします。
ご興味のある方はコスモホームさんに問い合わせしてみてください。

必ず得るものがあります。

人生日々勉強ですね。

秋山先生・コスモホームさん・生徒のみなさん本当にお疲れ様でした。
お誘いいただいた鈴木社長本当にありがとうございました。
また道場でみなさんとお会いできることを楽しみにしています。



  

   








秋山先生自ら一人一人直筆で違うデザインのパースとサインの入った終了証。
とてもうれしい贈り物です。
先生が提唱されている Be-H@usの本もいただきました。




2010.12 


http://www.cosmohome-co.com/   コスモホーム(株)
http://www.landship.co.jp/         LAND ship 

| 研修 | 16:38 | comments(0) | - |
| 1/2PAGES | >>