CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

YUKI LIFE

私の好きなもの・・・(岡崎市・幸設計建築)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
外壁塗壁
クリスマスの今日外壁の塗り壁をしました。

幸田町で工事中の建物はお施主様が防水工事のプロです。
以前からいろいろな現場の塗り壁をお手伝いに来てくださっていて毎度上手でさすがだな!と思っていました。
そのお施主様が外壁も自分で塗るということになりました。
私も初体験でぜひお手伝いしてみたい!と思い今日参加させていただきました。

国道沿いに建つ現場なのでみんなでサンタクロースの格好でやっていたら目立ちましたね。。。などと冗談を言いながら少し雪振る中での貴重な体験です。
下処理をきれいにしていただいているおかげでとてもやりやすく思わず楽しいことだけ体験してしまいました。

これで外壁のセルフビルドの実績ができました。
外壁も自分で・・・・というツワモノ施主様が今後でてくるかもしれませんね・・・。


 


瓦屋根と白い壁の組み合わせがやさしい雰囲気になりました。
今日ですべての外壁が1回目終了です。
もう一度仕上げで壁を塗ることになります。
まだまだ先は長そうです・・・。
仕上げのお手伝いも経験させていただくつもりです。
目立たない裏側の壁でもさせていただこうかな・・・と思っています。




着工の時にお子様からもらったお手紙です。
長い間待っていただいていた経緯もあり家の完成をとても楽しみにしてくれていました。
その期待にこたえられるように素敵な建物にしたいです。
かわいらしい内容のお手紙がうれしくて机の前に飾っています。
改めて今日眺めて気持ちがまたまた引き締まりました。



S様のおかげで思い出に残る楽しいクリスマスの一日となりました。


S様のお父様  http://cxx06752.jugem.jp/?eid=144 

2011.12.25



| 工事中現場 | 17:34 | comments(0) | - |
S邸 餅投げ
昨日S邸の餅投げをしました。

先週の台風で着工が延びましたがおかげさまで今週は天気に恵まれ予定通り餅投げができました。
2×4工法ではめずらしく餅投げをしたいというお施主様のたってのご希望でみなさまに参加していただき楽しく終了しました。

建築地は新しい団地の中でサーラさんやトヨタホームさんが建ち並び餅投げはほかでは行われないのではないかということもあり子供さんやご近所さんにたくさん参加していただいて新しいコミュニケーションがとれる良い機会ともなりました。
餅投げの経験のないお子様や親のみなさんにもとても楽しんでいただけだようでS様もとても感激していらっしゃいました。

昔からのこの風習はご近所付き合いの親密さにつながる意味のあるものなのだと実感した楽しいひと時でした。

建物は2×4工法の和風の家。
壁塗り体験や塗装体験・見学会などいろいろ予定しています。
みなさま楽しみにお待ちください。



  

   











 




2011.9 上棟



| 工事中現場 | 11:29 | comments(0) | - |
cocca 
本日隠れ家的なヘアーサロンがオープンしました。

現在着工待ちのO様の奥様が一足速くアパートの一室を使ってヘアーサロンをオープンされました。
アパートと聞いていたので勝手に築何年もたったいわゆる 〇〇荘 的なイメージをしてしまっていましたがとんでもないとてもきれいな外観の建物でした。
しかもインテリアも奥様のセンスが活かされたシックでとてもつくろげる雰囲気となっています。

さっそく頭皮と髪の毛のデトックスコースをしていただきました。
とても気持ちの良い刺激と癒される香りで気持ちまできれいになった気分です。
さらに眉毛のお手入れをしていただきました。
奥様はいろいろなメークコンテストで受賞されているメークのプロでもあります。
眉毛ひとつでいつもと違う自分になった気分です。
女性ならではの髪の毛やお肌のお手入れ方法など具体的におしえていただき日常の生活を一瞬わすれられるひとときでした。

眉毛と頭皮は定期的にお手入れしていただくようにさっそく次回の予約をしてきました。

いつも身の回りにおかまいなしだった私も少しは女子になれるでしょうか。
今後のお楽しみです。

女性のみなさまぜひ一度体験してみてください!



  

   










 

 





Hair design  cocca

豊田市三軒町2-39-1  ハピネス槙107号
Tel         090-6619-9431
E-mail   cocca2011@softbank.ne.jp
Open    9:30〜16:00
日・月休み  



2011.4
http://ameblo.jp/musee-yotake/    O様のブログ

| 工事中現場 | 23:32 | comments(0) | - |
H邸上棟
昨日名古屋市のH邸の上棟をしました。

ご指名の大工さんを数年待っていただきやっとやっと上棟を迎えることになり長い時間おまちいただいたお施主様の気持ちにこたえられるようにしなければ・・・・と気持ちも引き締まる思いがしました。
このようなタイミングで現場では材料が入らない・・・・という声ばかりが聞こえてきますが木造3階建てで構造計算もあり確認審査の期間が長くかかったため材料の手配をあらかじめすることができて何の問題もなく上棟ができました。
段取をしっかりしてもらった大工さんや材料やさんたちに感謝です。

今後の工事の先行きは不透明なところがあり現時点ではどんな材料がいつまで入らないのか・・うわさと現実が入り混じって正確なことはまったくわかりません。
手さぐり状態でやっていきつつ・・・ということになりそうです。

現在見積り中の物件やプラン中の物件はどうなっていくのか・・・金額も工期も不安ぱかりですがどの業界の方とお話していても物不足は同じようですので仕方がないですね・・・・。
少しでもお施主様に不安を感じさせないようになんとか業者さんと力をあわせてがんばりたいとおもいます。



 


建替え前の家は黒い板塀の門構えと坪庭的な和風の素敵な庭が玄関先にあり解体するのはもったいない雰囲気のある建物でした。
しかし2世帯で住むにはスペースが少ないこともありやむなく建替えとなりました。
新しい建物は準防火地域の木造3階建てということもあり法規的にふんだんに古材を使うことができないのでせめて建具と手水鉢をお父様の空間に採用したいと思い保管してあります。




H様からとてもうれしい贈り物をいただきました。かわいい娘さん2人が打ち合わせの時に我が家の家コレクションで町並みを作って遊んでくれていましたがその仲間にと素敵な白い家をくださいました。見つけたときにすぐに私にと思ってくださったそうです。本当にありがとうございました!




建築業界も本当に先行きが不透明ですがH様からいただいた家をながめていたら震災から復興する町並みのような心強い気持になりました。
このようなタイミングでしかも家をいただけるとは・・・・人も物もご縁ですね。

本当に素敵な贈り物ありがとうございました!
我が家の町並みの復興のシンボルとして大切にします!



2011.3 

http://tarana-cafe.blogspot.com/      H様のブログ

 

| 工事中現場 | 22:52 | comments(0) | - |
I邸 みんなで塗装
昨日I邸の塗装をしました。

最近寒くてすっきりしないお天気が多いのですが昨日はとても暖かく雲ひとつ無い良いお天気でとても気持ちの良い一日になりました。

私は設計させていただく多くのお施主様に建物に愛着を持っていただくためにもなるべく塗装工事など自分たちでできることは参加してもらうようにおすすめしています。
I様はとてもやる気のある方で和風の古民家の雰囲気を感じさせる住宅がお好みです。
そのため建ててから構造を塗装するのはとても大変なことなので材料を早めに手配して作業しやすいように事前に塗装をすることにしました。

もともとI様は施主OBのI様の妹さんご家族でご紹介いただいたご縁です。
お姉様はジャンク風な洋風住宅に住んでいらっしゃって建築中セルフビルドにたくさん挑戦していただきました。
そういうご家族ですからご両家のご家族総出で一日お手伝いしていただきました。

とても驚いたことはお父様が70才になられたとのことですがお仕事も現役でしかも日ごろからプロ並みのガーデニングや野菜作りをしていらっしゃる上での働きぶりは私も70までがんばって施主様と楽しく仕事ができるのでは・・・・と勇気と元気をいただきました。
両家のご家族とも本当に仲の良いうらやましい関係です。

素敵なご家族のための素敵な家。
いよいよ本格的に始まります。

ご家族みなさまに喜んでいただける家をぜひ完成させたいとおもいます。
今後ともよろしくおねがいいたします。


  

  



 

田んぼに囲まれたのどかで大きな敷地はうらやましい限りです。
塗装の作業スペースもしっかり確保できました。



2010.12 

http://cxx06752.jugem.jp/?eid=58      I邸(お姉様の家)

| 工事中現場 | 17:59 | comments(0) | - |
T邸 鉄骨建方
先日T邸の鉄骨建方を行いました。

とても天気が良い日で気温も程よく建方日和でした。
変形した土地に2世帯の住宅を建てる計画でプラン上鉄骨構造としました。
約3カ月かかって適合判定を受けた建物です。

お施主様とは5年越しの計画でやっとここまで来たことに感無量です。
工事が始まればあっという間に完成ですが最後までお付き合いよろしくおねがいいたします。
 

   













10メータを超える建物はさすがに迫力があります。
狭い敷地の中での施工計画はとても大変ですが工務店さんがとてもしっかりしていて安心です。
毎日変化していく様子にお施主様も足しげく現場に来られて日々楽しみにしていらっしゃいます。
一生に一度であろう大きな出来事をぜひ最後まで楽しんでいただけるといいな・・・と思います。



2010.9 
 

| 工事中現場 | 12:31 | comments(0) | - |
おすすめ家電
今週は朝からテレビに釘付けです。

現在大府で着工中の吉田様が朝からテレビにでているのです。
番組はメーテレ(名古屋テレビ11チャンネル)の どですか! です。

ご主人は ジョーシンの大高店(イオン大高ショッピングセンター1F)にお勤めです。
私も最近実家のテレビと冷蔵庫を購入しましたが、最新の家電は何を選んでいいのかわからない状態でした。
しかし吉田さんのアドバイスのおかけで全く悩まず納得して買うことができ感謝していました。
番組の中でも "カリスマ副店長" と紹介されていて私も納得です。
説明も楽しくわかりやすく司会の宮地さんも この店員さんから絶対買いたいねー といっていました。

今週朝6時くらいと7時30分くらいの2回 吉田さんのでている家電特集が放送されています。
明日は掃除機編です。
ぜひみなさん早起きして吉田さんを見てあげてくださいね・
そして大高のイオンの 生吉田さん に会いに行ってみてください。

家電を買うならぜひ "カリスマ店員吉田さん" とご指名ください!


 

   














吉田さんのこだわりの家造りも順調に進んでいます。
民家風の外観にこだわりの床材を使った家。
こちらも楽しみにしていてください!




2010.3 

どですか!    http://www.nagoyatv.com/dodesuka/index.php?m=1003 
Joshin 大高店  http://shop.joshin.co.jp/shopdetail.php?cd=1759

| 工事中現場 | 09:27 | comments(2) | - |
I邸 離れ解体・移築
先日I邸の離れの解体と上棟がありました。

その建物は約50年以上前に建てられたもので、おじいさんが自ら自分の山や、周りの山をまわって吟味した材料でつくられた家でした。
高速道路建設で移転が必要となって今回新築する家のとなりに、思い出として一部を移築することになりました。
なんでも"がしゃん"と壊しておしまいの今の世の中で、移築ほど贅沢なものはありません。
コストは新築以上かかりますが、その思い出とともに今では二度と得られない材料を再生することは、コストをかけた以上の喜びがあります。
古の大工さんの技の素晴らしさや、材料の歩んできた歴史を思うと大工さんがしっかりとつくってくれた木造の家はいつまでたっても美しいもだということを改めて教えられました。






のどかな町の中に佇んでいた建物は小川に面して建っていました。
家の窓をあけて釣り糸を垂らせば魚が釣れたそうです。
なんて贅沢な家だったんでしょう!
こんな静かな町に高速道路がとおってしまうんですね。
完成したら町並みも一気に変わってしまうことでしょう。
なんだかとてもさみしいですね。







今時の新築の家ではほとんど見られなくなった差鴨居の建物です。この材料一つ一つにおじいちゃんの思い出とこだわりが詰まっています。50年が過ぎてようやく大人の色つやがでてきたといった感じの柱や梁を簡単に壊してしう気分にはなれません。他の地で生き続けることになった幸せな木材たちです。







古の大工さんの素晴らしい木組みは、簡単には解体させてくれません。
長い長いほぞやしゃちを使った構造に四苦八苦。
4日掛かりでやっと移築部分の8帖2間を解体できました。








解体してきれいに洗ってもらった柱や梁は、ほんとうに美しい輝きをしています。そして改めて仕口のパズルのような芸術彫刻のような素晴らしさに感激です。いったい当時の大工さんの頭の中はどうなっているんでしょうか??










解体された柱や梁はどんどん起こされて元の姿によみがえっていきます。
ひとつひとつの柱や梁の一つ一つ違った仕口に感激しながら作業は進んでいきます。
上棟を見つめているご家族はとても感激のご様子で、みんなで静かに見守っています。
移築は普通の上棟とは一味も二味も違うものですね。










今回和室2間以外に作られる広縁と水周りは新品の材料でつくります。新入りの材料たちも50年後には大人の味をだしてくれるのでしょうね。そうやって木材は長い時間をかけて味という成長していく、人間と同じなんですね。









上棟終盤はいよいよ小屋組みです。丸太の組み合わせによってつくられている小屋組みは隅梁も丸太でできています。新築の母屋の隅梁の組み方はダイナミックなものですが、こちらは空間の大きさに程よい、しっくりとくる繊細なものでした。大工さんはきっと繊細な人だったんでしょうね。






私の建築人生の中でずっと興味があったけど機会のなかった移築。
今回初めて作らせていただくことができました。
もともと家は"木造が一番"と思っていますが、より深く奥深さ、古いものの大切さを実感しました。
頭の中では当然"古いものは大切に"と思っていたのですが、実際移築にかかわらせていただいて、当時の職人さんの気持ちやこだわり、魂に触れたような気がします。

古の職人さんの魂と今かかわってくれている職人さんの魂のコラボレーションで、必ず素敵な建物が完成することでしょう。
何年か後にまた建物を補修する世代の人たちに感激を与えるような・・。

職人さんって素敵ですね!
なんだかとってもうらやましくなりました・・・。

新築以上の感激をお施主様と同じ気持ですることができ、仕事にかかわらせていただいた幸せを本当に感謝しています。


2007.7.16 離れ上棟  I邸



追伸 
8月5日に豊田市で完成した住宅の見学会を行います。
今までメールでご案内していましたが先日パソコンが壊れてアドレスがわからなくなくった方がたくさんみえます。
本当にすみません。
このブログを見て気付いてくれるといいのですが・・。
またメールが届いてない方ぜひアドレスを送ってください。
よろしくおねがいいたします。

O邸見学会 http://www.nande.com/yuki/new.htm 


| 工事中現場 | 14:49 | comments(0) | - |
I邸上棟
先日I邸の上棟がありました。
I邸のおじいさまは構造をとても重視していて何年も前から新築のための木材を買い集めていました。
一番圧巻なのは地棟と中桁に使う19メーターの長さの1本ものの地松。
19メーターといってもみなさんピンとこないでしょうが8帖の部屋が5部屋続く長さ、といえばわかりますか??
この家のプランはこの19メーターの梁の長さの家を基本として設計がスタートしました。
出来上がったプランは2階の小屋組みがそれはそれは見事な建物です。
しかし残念ながら小屋組みは仕上げとしては見せることなく、小屋裏でひっそりと家を支える役目としてがんばってもらうことになりました。
見えないところにすばらしさのある建物ができそうです。









19メータの丸太を保管していた倉庫。この倉庫は何十本という丸太を大工さんが手できざんでくれた土場としても大活躍でした。あんなにたくさんあった丸太も全て現場に移動していよいよ最大の丸太の移動の時です。









道路の向かい側の現場へレッカーを使って移動します。レッカーさんの操作の腕前はとても見事なものでした。この丸太を移動することもこの日の上棟の一大イベントのひとつです。









丸太の断面は高さが人のひざの高さ以上あり、人がかかえることのできない大きさです。こんなに大きな長い丸太を2本もよく探してきたなぁと感心してばかりです。大工さんでもなかなか見ることの無い材料です。








仮置きした下の土地から現場となる上の土地へ更に移動します。
宙に吊られた様子からしても、いかに長い材料かよくわかります。











基準となる桁まわりの小屋組みは丸太のオンパレードです。入れることの少なくなった隅梁も全てにわたり入れられて、ひし形に組まれた様子は見ることができる機会は本当に貴重なものです。1つの間違いも無く組まれていく大工さんの仕事振りはまさに匠です。









いよいよ最後の大物の地棟を入れます。もちろんなんの問題もなく納まっていく様子に小屋組み完成時には施主様から拍手が起こりました。できた構造は"これぞ木造、匠の家"といった感じで威風堂々として威厳があります。








長い仕事人生の中でこのような材料と大工さんにめぐりあえたことは本当に幸せなことです。
これも全て施主のI様からいただいたご縁です。
これだけ立派な構造に負けない家を絶対完成させなくては・・・・とますますやる気になりました。
家からパワーをもらった2日間の上棟でした。




2007.4.19 / 4.20上棟  I邸
| 工事中現場 | 12:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |